スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

唐突なSSのの掲載

皆さん、こんばんわ

今日は唐突ですが、一記事小説(以下:SS)をやりたいと思います。

下の線からSSを初めます。
先に説明とか詳細が希望な方は、記事の更に下の方に詳細を載せています。



「あー楽しみだな」

 空は、雲ひとつ無い青空。太陽も燦々と僕らを照らすそんな日。
 こんな日は、彼女を迎えに行く日和の日だ。きっと、そうだ。
 でも、彼女の事を思うと、曇りだろうと雨だろうと、余り大差ない気もする。

「頼むから仕事手伝えよ、トト」

 今、僕の名前が呼ばれた気がした。きっと、僕の親友のデニスの声だろう。
 そうか、僕は雑用と名の任務をしているのか、城の壁の修繕作業。
 まあ、一応兵士だからね。でも、何か新鮮だね。少なくても僕にとってはとても新鮮。

「……早くこの仕事終わらせねぇと彼女に会えねぇぜ」
「おっと、それはいけない。急ピッチで仕上げよう、デニス」

 そう、今日は彼女が……エルが任務から戻ってくる日だ。
 僕はそれまでに今日の任務を終えて、エルを迎える準備をしなければならない。
 そう思うと、作業する手も自然と早くなる。これからの事を考えるだけでワクワクする。
 そんな僕と、さっきから作業を続けている真面目な親友。
 勿論、親友との時間も楽しい。楽しいが、エルとの時間はきっと別の意味で、もっと特別なのだろう。
 あー楽しみだな。

「そう、楽しみなんだ」
「心の声を口に出してねぇで、仕事に集中しろよ~」
「すまない、楽しみ過ぎるんだ」
「まあ、いつもの事だけどよぉ~仕事はしろ……頼むから」

 悪い悪いと口で謝りながら、僕は仕事を再開する。
 それ以降は、時々だべりながらではあるが、基本黙々と作業を続けていった。
 そして、今日の分の作業が終わる頃には、夕焼けが沈み始める頃だった。



「騎士エステル、任務お疲れ様でした。ご飲み物でもお持ちしましょうか?」
「…………はぁ~」

 僕は作業が終わり、親友が先に家に帰る所を見送った後、直ぐに準備にとりかかった。
 今日騎士としての任務を終えて、戻ってくるエルを迎える為の準備にとりかかった。
 準備と言っても、使用人の服に着替えて、ちょっと花束を買ってきて、
 一人用のテーブルと椅子を用意して、テーブルの上には小洒落た料理と酒を置いた程度だ。
 流石に、城の部屋の限られたスペースと時間ではこれぐらいが限度だった。
 そして、今。目の前で、エルに大きなため息をつかれている所である。

「ハハハ、不満そうだね。エル。う~ん、料理のチョイスが悪かったのかな?
いや、そうか、きっと疲れて……くぅ、いや、待ってくれせめて無言で殴るのだけはやめてくれ。
そ、そうさ、話しあおう、きっと僕らは分かり合えるはずだよ」

 その後、顔に腹にと良いのを数発もらった僕だった。
 正直な所、エルの拳はホントに痛い……ちょっと、泣きそうになる。
 でも、呆れながらも用意した椅子には座ってくれた様だ。

「それで、今日は何が目的? トーニトル」
「何が……て、何が?」
「いや、これだけ……しかも毎回、任務から帰る度にもてなそうとする。何か裏があるとしか思えないでしょ」
「いやいや、裏は無いよ。ただ、エルの笑顔がみたい」

 ……また、顔面を殴られてしまいました。心にまで響く良い一撃でした。

「にしても、相変わらず愛称では呼んでくれないだね。『トト』でいいて言ってるのに」
「まあ、親しくもない奴を愛称で呼ばないでしょ? 普通」
「……そっか、うん、そうだね」

 親しくもない……か、ちょっと堪えるな……。
 エルが料理を食べる姿を見ながらそんな事をふと思う。
 僕は今のところ自由の身だ。余程の事がない限り自由に生きられるだろう。
 でも、もしその余程の事が起きてしまったら……どうなるのだろう。
 やっぱり、エルとこんな風に気軽に会えなくなるのだろうか、
 だったら、いっそこのままの関係の方が……。

「じゃあ、私はそろそろ失礼するわよ」
「え!? あ、見送ろうかい? 途中まで送るよ」

 僕が気づいた時にはエルは立ち上がろうとしていた。
 そして、僕は慌ててエルに話しかける。気づいてはくれたようだが……。

「……遠慮しておくわ」

 扉の前で立ち止まって、そして一言いって、去っていく。
 扉が閉まる音が虚しく響く。この時間帯ともなると城内も静かだ。
 ただただ、僕の心は虚しい気持ちで一杯になる。
 ふと天井を見上げてみる。そして、自分に問いかける様に思いにふける。
 さっき、扉の前で何を考えていたのだろうか。何か思うことが合ったのだろうか。
 そして、今、僕のことを少しでも、考えていたりしてくれる物なのだろうか。

 やっぱり、エルといる時間は面白い。

 知りたい、という思いで一杯になる。

 他の色々な事がどうでも良くなる程に……。

 完



 さて、改めて皆さん、こんばんわ。
 何か唐突ですみません。誤字とかあったらすいません。
 まず、SSを最後まで読んでくださった方、お読みになりましてありがとう御座います。
 そして、これからの方、よろしければ、読んで頂けると嬉しいです。

 まず、このSSですが、これは作品のようで作品ではありません。
 ある意味、完結されていない作品となります。

 結論を言いますと、今回のSSは、登場した三人のイメージ(主に口調)を掴む為の物です。
 とりあえず、登場キャラの名前を分かりやすいように書いておきます。
 
 まず、主人公の「トーニトル・ワド・リニテル」
 本編中では、彼目線の地の文で、主に愛称のトトと呼ばれている人です。
 そして、その親友で「デェニエス・カート」
 本編中では愛称のデニスの方の名前でしか出ません。
 最後に、ヒロインである「エステル」
 愛称はエル、他の二人と違って名前以外が付いてないのは設定上そうなってます。

 今回のSSでの主人公とヒロイン、今度は二人の一つ短編を書きたいと思います。

 その為に次は、主人公とヒロインを絵で描いてみて、更にイメージを固め用と思います。
 次の短編は、戦闘シーンとかも書くので武装とかのチェックも有ります。

 短編がいい感じで行けば、次はその短編の続編の長編。
 その時の事も配慮して、まず親友をこの場で先行して出しました。
 とにかく、今後につなげる為のSSであり、ある意味完結されてない作品。
 そして、自分の為の小説なのでキャラ説明等も不十分な地の文なのです。
 そんな文章ですが、もし良いと思っていただけたら嬉しく思います。

 ここからは、個人的な書いた後の感想になります。
 こうして文章に書くことで、三人それぞれの心境や立場も見直せた気がします。
 主に「会話」書きたかったため、日常的風景でいきました。
 前半は親友、後半はヒロインと2つの場面の会話で、主人公の口調が割りと固まった気がします。
 それ以上に、親友が想像と違う感じで口調が固まったという意外な発見も有りました。
 改めて、ヒロインとの場面の最後の主人公の葛藤は、正直キャラを掴む上で、かなりに収穫と言えます。
 最初書き始める時は、こんな葛藤書くとは思ってなかったので、公開してない設定と、その時の書いている勢いで書けちゃった、て気分です。
 とにかく、頭の中と設定だけでは分からない事がわかった気がします。

 では、色々と長くなってしまいましたが、今日の記事はここまでにします。

 それでは、次の記事にて

 追伸
  主人公とかの絵を描くのに、絵自体久々なのでリハビリ代わりに、絵を描きました。
  僕の大好きな『駆逐艦』です。こっそりと、公開してました。
   http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=40229734
  
スポンサーサイト

Elysian24から2日ほど立ち……心残り無し、決意

さて、当日は帰ったら、なんかもう眠かった。

次の日は、仕事は何とかなってるようでならず、

更に、家に帰ったらめし食ったら速攻寝てた。

※いつもの事ですが、地味に前置き長いです。
本題です。と書かれてる部分からが、大切なお知らせの部分です。


 皆さんこんばんは。今、ニトリで買ったPCラックのキーボードを置く部分(引いたり前に出したり出来る部分)の片側の金具が壊れて、若干不安定な置き場でキーボード打ってます。ちなみに、原稿中にそれが壊れて超焦りました。

 そんな感じです。
 きっと、PCラックだけでなく、自分の体も昨日ほどじゃないけど、イベント前の修羅場の後遺症がまだ残っているでしょう。眠いのか眠くないのかよくわからない感じです。

 さて、そんな不健康自慢はそれぐらいにして、今日もサークルの事についてです。

 まず、Elysian24は良かった。
 てか、やっぱり同人やると色んな人と出会うな~。今日もフォロー数増えた。
 うん、いや、自分出会い厨とかじゃないよ。まあ、でも、やっぱり、人との交流も同人の魅力かな?

 さて、今回の新刊売れ行きは……まあ、置いておいて、まあ、一応今回の新刊のあとがきにも書きましたし、ブログ上では、それなりに詳しく書きます。

ここから本題です。------------------------------------

 まずは、結論から。
当分、漫画(同人誌)は描きません。

 イェス、シンプル

 いや、同人活動飽きた~とかではなく、リアルの生活が怪しくなりそうなので、どうしても時間のかかってしまう漫画はやめよう、と思いました。ぶっちゃけ、転職するから、就活で忙しくなるという話です。
 簡単にその経緯を、プログラマーらしくプロット的書き方で……

私は現在は契約社員(半年更新)
    ↓
4月頃、自分の部署に新入社員
    ↓
現状:新入社員が来て(上司曰く)部署に人多い
    ↓
上司解答:半年の間、頑張んないと立場(自分)怪しいよ
    ↓
IF(分岐)選択肢 AとB
  A・頑張る:契約の間、給料・ボーナス変わらず。正社員も厳しいそう。
  B・転職:良くも悪くも、変わる可能性がある。ただ、東京に行くことになりそう。
    ↓
 こんな職場やってられるか!!!(Bを選択)
    ↓
 仕事しながら、就活中 ← 今ここ

 という感じで、これから、私は転職への準備を初めます。
 その為の資金も、買う物もあるので、意外とお金も時間も掛かる同人誌は無理です。

 てか、札幌に就職の場所をこだわった理由も、昔の団体サークル「もさばめ」時代は、サークルメンバーが札幌にいたから(就職等で札幌から離れていった)、俺も一緒に居た方が動きやすくねぇ?で、札幌にしたわけです。
 まあ、実家が遠くなる事と、思った以上に札幌で活動している多くの人と仲良くなったかな、と言う事。
 その2つ意外、自分としては、離れる時の心残り的な物は無い! と断言出来ちゃう。
 むしろ、東京にはかつての「もさばめ」の仲間のもにおも居るし、イベントも多いし、むしろ好都合なんじゃねぇ? とプラスに考えてます。

 とまあ、今の心境は、今回は新刊にて、念願のオリジナル(一次創作)も作れたし、もう同人にとりあえず心残りは無いかな! 一つの区切りとして、同人誌(漫画)はここで一旦やめる。
 ただ、まだサークルは解散とはしません。解散は、契約の切れる9月ぐらいに、サークルの解散も会社の退職もする予定です。
 それまでは、イベントは一般か、残った本での参加です。
 あと、個人的には就職活動の息抜きに、自分の初心、小説ないしSS(純粋に文章のみ)をホント個人的に書きたいな~ほんと、同人誌に出すとかでは無く、純粋に書きたい。創作したいという欲求の様なものではなく、例えば、教科書の落書きの様な、そんな純粋に楽しい物、自分にとってそれは、小説(SS)じゃなかな?と思うので初心としました。
 そして、溜まったら。それを冊子にして出せばいいですし。
 ただ、ソコまでやるかも怪しいので、期待しないで待っててくださいw
 まあ、漫画やイラストだと、作っては見たいけどイベントなど目的が無いと続かない部分もありそうだし……いや、絵はうまくなりたいけどね。ただ、それはあくまで創作の可能性を広げる、という意味で嬉しいんだと思います。

 あと、イベント等に参加する理由として、この事を、仲良くなった人には直接言いたいと思うからです。
Elysianは、今回話しましたし……あとは、白身プライさんやダークサークルの皆さんかな~もさばめ時代からお世話になってるし。あと、しばさん……というか、夏の7月ぐらいにまた定例会を開いていただけると非常にありがたい、それが一番ダークサークルの皆さんも含めて、確実に会えるから~と、ちらっと、ここに我儘を書いてみたり。なんか、すいません。

 とまあ、かなり本題も長くなってしまいましたが、思えば、もさばめ時代から、今の俺のパスタ時代まで合わせて……もさばめ時代のブログを見返すと、最初の記事が2010年の3月……3年目が終わり、4年目突入した今ですね。
 その分、書くことも長くなってしまう、と解釈してやってください。お願いします。

 まあ、まだ実際に転職出来るかもまだですが、修学旅行以来の道外です。しかも、旅行ではなく暮らすのです。多分、決まったら決まったで、慌ただしくなり、すぐ同人再開、とは行かないでしょう。転職先が決まらなかった時は……考えないようにします。

 さて、まだサークルは解散してないし、これ以上書くとキリが無さそうなのでこの辺にて。

 では、次の記事にて!!!

 

告知も出来上がりもおそ過ぎない?

 さて、今日はElysian24当日です。

 新刊は出来ました。昨日……というか、今日の3時に、

 まあ、まだ製本終わってないけどね。


皆さんこんばんは。

そんな訳で、一応、新刊が無事形になりました。

一応、20部刷りました。今回は漫画部分だけで14ページ程あるので……

初めて、値段をつけて売ってみようと思います。
まあ、自信は無いので値段は……とりあえず、改めて場所などと一緒に……

タイトル:同人三人娘 サークル立ち上げ編
ジャンル:一次創作(オリジナル)
ページ数:表紙等も入れて、20ページ(漫画部分は16ベージ)
値段:100円
今回のスベース【B02】

という感じです。
まあ、内容は三人の娘(星子・陽子・月子)が、其々何の因果か、
三人で、団体サークルを立ち上げるまでの話です。
うん、立ち上げるまでの話です。活動はしませんw
いや、団体サークルが誕生するまで、三人夫々がどんな活動をしてたかは、
描いてますけどね。

あと、過去に作った。東方本とメガネオンリーのMEGANE本も持っていきます。
こっちは、無料配布です。是非ご覧になって下さい。

さて、それでは今日の準備に戻ります。

では、次の記事にて!!!

Elysian24、無事通りました

いや~原稿に夢中で忘れかけてたねぇ-

まあ、今日から原稿は、PCでの作業に入る事に……

うん、間に合うとは思うが余裕は無いかな?


 皆さんこんばんは。

 前回の記事で、わけの分からない部分で、通らねぇんじゃねぇ?とか言ってた自分ですが、
 今週の木曜ぐらいだったかな? 無事サークルチケットが届きました。

 まあ、今はホントに原稿に、焦る程でもないが、余裕もない状態です。
 なので、いつも以上に完結に……まずは、場所から!

 【B02】となってます。

 配置図を見る限り、まず入り口の反対側の方、ホント奥のある意味端っこの方です。
 ジャンル的には、「一次創作・その他」に分類されて入ってるみたいですね。
 まあ、応募する時に、今回はオリジナル(一次創作)ですし、それでいて、学園モノとかファンタジーとかでは無無く、その他で応募したので、まあ妥当な配置ですね。

 で、展示物の予定ですが、まず、今まで私が参加したElysianの在庫の、まどマギの奴とメガネの物は確定です。……以前、別のイベントで出した東方本は残ってたかな……当日が近くなったらまた宣伝すると思うので、その時には、把握していたいと思います。

 そして、今回メインの新刊ですが、一応、出せるかどうかはわからない。と、今は書いておきます。
 ただ、創意制作中です。初の一次創作、念願?の一次創作ですので、必ず出す勢いで描きたいと思います。

 さて、ここからは私事であり、関係無いようで、私的には同人……と言うより創作活動に関係あるので、ここで少し脱線気味の話になります。
 てか、5月16日発売予定のサモンナイト5についてです。
 正直、予約はしましたが、買って当日やる余裕はありません。とってもとってもやりたいですが、原稿を終わらして、イベント当日におもいっきり会場でやってやる、という思いで買うだけ買って封印するつもりです。
 しかし、この私にも新作ゲームを差し置いて優先させる事が出来たとは……神妙な思いです。
 そして、サモンナイトシリーズは、初代からやってます。
 そして、中学の時、初めてサモンナイト(初代)をやった時「俺こんなゲーム(シナリオ)作りてぇぇぇl!」という思いから、まず、頭のなかから妄想が始まり、そして、黒歴史の小説を学校の選択授業で作文用紙100枚以上
書いたりして、最後まで書ききれず(高校の受験勉強しろ、と言われましたwそれにしても、あの作文用紙は今どこに……)、高校では、友達とともにギャルゲー作ろうとか言っちゃったりwお題SSやろうとかで、楽しく、そして必死で「ライトノベル研究所」等のサイト等で、で文法とかも含めて覚えたり……

 まあ、ある意味、「サモンナイト」シリーズに触れられた事が、ある意味、今につながる正に人生のターニングポイント?みたいな作品の、久々のホント久々のしかも、正当ナンバリングです。

 でも、やはり同人を優先させます。うん、それでいいと思う。ゲームより今は、同人。
 今までの自分を裏切らないようにね。……まあ、FEシリーズだけは我慢出来ないと思うけどw(確信)
 
 さて、やっぱりそこそこ長くなりましたが、今日はココマデ、これからまた原稿に戻ります。

 では、次の記事にて!!!

Elysian24に、今応募しました。

 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=35235372

 ドーンwwww

 て感じで、上に張ったURLは、自分のpixivのサークルカットのページです。良かったら見てあげてね。


 皆さんこんばんは。

 さて、そんな訳でたった今申し込みが終わり、今日の仕事帰りに入金も済ませて、後はただひたすら描くだけです。

 今回は、ズバリ一次創作(オリジナル)!!
 前々から……というか、同人活動を始めた時からいずれは!! と思ってた一次創作(オリジナル)に挑みます。
 ……まあ、自分自身の事情により、やるなら今しか無いと言うのもありますが……
 まあ、事情は、無事作品を完成させて、イベントが終わってからでいいでしょう。

 で、応募する時にサークルカットにある問題?がwww
 まあ、サークルカットの作成時の注意事項にこんな項目があります。

 「・カットの内容は申込内容と関係の無いものを描かない様お願いします」

 上のURLでサークルカットを見ていただければわかる……かな?まあ、サークルカットに描かれたキャラはダンジョントラベラーズ2のイリーナ館長……そう、ただ純粋に描きたいから描いた!
 そして、過去の作品はもちろん、今回の新刊は一次創作(オリジナル)……
 
  つまり、今回出す本に全く関係無いキャラ描いて大丈夫か?

 ……だ、大丈夫だよね。うん、あんまり良く見てなくて、注意事項みなかったから、こんな事になっちゃったけど……ちゃんとサークルチケット届くよね!う、うん、自分信じてる!

 まあ、今回は応募の段階から愉快でしたとさ……ホントに大丈夫かな……

 では、次の記事にて!!
現在の位置
最長10分ブログ
 トップページ
  └ カテゴリー
        └ 過去記事
by AlphaWolfy
プロフィール

腹ペコ

Author:腹ペコ
~腹ペコ(カリ)の大まかな説明~

 FE、白猫、艦これ、モンハン、音ゲー全般、等など
 ゲームは一通り、でも一対一の対人は性格に合わない?と思う

 音ゲー等ゲーム全般の名前は「ミュール(MYU-RU)」で統一

一応
 Twitter名は「harapeko0721」
 PixivIDは「1333663

以前の個人サークル名とペンネーム
 「俺のパスタ」「腹ペコ」

※随時更新

アクセスカウンター
カテゴリ
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。